どのマッサージが効果あり?自分に合ったマッサージの見つけ方

意外に多い健康マッサージの種類

もはやマッサージはリラクゼーションのための贅沢ではない!

今や世界中でもブームとなっているほど、「マッサージ」の種類も方法も増えています。
特に女性であれば、マッサージを目的に海外旅行へ行く方も多いようです。
海外にも、タイ式マッサージ、韓国エステ、など国の名前が代名詞として付いているマッサージも存在し、国としてアピールしているところもあります。
国名が付いていなくても、バリなどもマッサージで有名です。
また、マッサージには痛いものから気持ちの良いものまであり、種類も200を超えると言われています。
今回は、世界でも人気があり、日本でも受けられるマッサージをご紹介していきます。
欧米で一番人気のある「スウェディッシュマッサージ」は、長いカーブを描くストロークが最初と最後に行われ、途中は筋肉をパン生地をこねるような揉み上げと揉み解しが特徴で、リラックス目的やストレス解消などを目的にした方に適している方法と言えます。
次に、「ディープティッシュマッサージ」は、トラブルのある筋肉部分に強い圧を加えるのが特徴で、痛みが出ることもあることから、肩や首のコリを軽減したい方に適している方法です。
「ニューロマスキュラーマッサージ」は、つぼマッサージの派生とも言われており、慢性的に強張った筋肉やコリに圧をかけ、神経に働きかける方法で、血行不良や腰痛を抱えた方へ適している方法と言われています。
その他にも「タイマッサージ」は、ストレッチのようなヨガを取り入れ全身を元気にする方法であり、「指圧」は日本に昔から伝わるマッサージ法です。
どれも似ているようで、目的や効果が違ってきますので、マッサージを受ける際は、自分の目的を伝え、そこを改善できるかどうかで見極めていきましょう。