ロゴ

AGAの悩みを抱えている人へ

鏡を見る人

治療方法を調べよう

AGAの治療をするとき、どういった方法で治療できるのか気になりませんか?

READ MORE
髪の毛

ジェネリック医薬品を使ってみよう

少しでも医療費を安くしたい!そう思っている人は治療薬の種類を変えてみましょう。

READ MORE
男の人

一般病院と専門病院の違いを知る

一般病院と専門クリニックの違いを知りましょう。

READ MORE
頭

AGA専門クリニックの選び方

安心して治療を受けたい人は、クリニック選びにも力をいれましょう。

READ MORE

最近抜け毛が多いなと思ったら

頭を洗っているときの抜け毛、枕やシーツについてる抜け毛、最近昔より量が多くなったなと思うようになったら専門家に相談した方がいいですよ。

「PR」
AGA治療なら横浜のクリニックで
多くの人の悩みを解決してきた医院を厳選公開。

AGAと判断できる症状や発症理由

育毛サイクル

AGAとは

そもそも、AGAという脱毛症について知っている人は薄毛に悩みを抱えている人が多いでしょう。そのため、普段から薄毛に対して悩みを持っていない人はAGAについて知らないことがほとんどなのです。AGAは、男性型脱毛症のことを言い男の人だけが発症してしまう脱毛症です。AGAの恐ろしいところは、一般的な薄毛なのかどうかが判断しにくいということです。ですので、症状に気がつくのが遅くなってしまう人も沢山います。AGAになる人は、男性ホルモンの一種と言われているジヒドロテストステロンというホルモンが過剰に分泌されてしまい、髪の成長を妨害されていることが原因という説もあります。専門医に相談することで、適切な方法で治療することができるので気になる人は一度横浜にある専門クリニックを探してみましょう。

発症する理由

ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンの一種なら髪の成長を妨害するのではなく毛を濃ゆくしたり、男らしい見た目にすることができるのでは?と思う人もいるでしょうが実は違います。男性ホルモンの中にはテストステロンというホルモンがあります。このホルモンはヒゲなどの体毛を濃ゆくする効果があります。ですが、テストステロンが5αリダクターゼという酵素とくっついてしまうと、髪の発毛サイクルを短くしてしまうジヒドロテストステロンになってしまうのです。男性ホルモンの種類によって働きが違うため、薄毛対策をしたい人はどういったホルモンを増やすべきなのか調べてみると良いですね。

遺伝でAGAになるのか

ジヒドロテストステロンの量が増えてしまう理由は、男らしさを保つために必要なテストステロンの量が減ってしまいその分を補おうという理由でジヒドロテストステロンの量が増えてしまうと言われています。しかし、こういった理由がなくても生まれつき5αリダクターゼの量が多いとAGAが発症しやすくなる可能性があります。5αリダクターゼは、両親や血の繋がっている親戚の影響で変わってきます。身内や血の繋がっている親戚の中に薄毛の人がいる場合は5αリダクターゼが自分も多いかもしれないと覚悟しておいた方がいいかもしれませんね。

AGAの症状

他人に薄毛を指摘されたくない、悪化する前に治療したいという人はAGAになったと判断できる症状を知っておいた方が安心です。そういった人のために、AGAの判断基準と言われる症状を紹介します。
・髪が柔らかくなった
・抜け毛の中に細い毛が増えた
・部分的に薄くなってきた
・生え際が薄い
・抜け毛の量があきらかに増えた
こういった症状が出ている人は、横浜にあるAGA専門クリニックを受診した方が良いでしょう。AGAが原因でない場合も、なぜこういった症状が現れているのか知ることができます。

生活習慣などが原因になることもある

上の方で紹介したように、ジヒドロテストステロンが髪の成長サイクルを短くし、伸びきる前に抜けてしまう場合もあるのですがジヒドロテストステロンだけが原因ではないこともあるのです。生活習慣、栄養バランス、運動不足などが原因になってしまうこともあるため、しっかりと改善したいという人は再発を防ぐためにも知っておいた方が安心です。