どのマッサージが効果あり?自分に合ったマッサージの見つけ方

>

世界中に多数存在する「マッサージ」の発祥と現事情

プロセラピストに聞く!定期マッサージ効果

仕事、スポーツ、家事、育児…色々な場面でマッサージを受けたい!と感じることがあります。
長時間同じ体勢であったり、体に何らかの負荷が掛かったり、理由や支障をきたす部位も人それぞれ異なりますが、筋肉の痛みやコリを放置しておくと、体がより硬くなり、痛みを避けようとして変な姿勢をすることにより更に体には悪影響が及びます。
マッサージは、体の緊張状態を作らず、柔軟性を維持することがまず1つ目の効果と言えます。
その他にも、血行促進、ストレス緩和、疲労回復などの効果があります。
スポーツ選手が、専属トレーナーを付け、試合後にマッサージを受けている姿を見かけますが、これは筋肉疲労の素早い回復を担っています。
また、ストレスや血行不良は、体の痛みだけでなく、免疫力低下やホルモンバランスの乱れ、うつなどの健康障害に繋がりかねません。
定期的なマッサージは、心身の健康を保ち、イライラの緩和にも効果があるようです。

マッサージ療法の科学的根拠

マッサージを受けることにより、体の不調が改善されたり、リラックスできたことにより気持ちが前向きになったり…たくさんの効果をもたらしてくれます。
また、訓練された施術者から受けた場合、リスクはほとんどないという結果も出ています。
更に、予備的な部分が多いものの、がんやうつなどの方の生活の質を改善する効果もあると科学的に証明されています。
マッサージは、全ての病気や症状に効果がある訳ではなく、証拠づけも難しいため、簡単に根拠として示唆できるものではないものの、痛みや様々な症状への効果も出ていることから、今後も益々他分野での臨床試験や研究が続けられ、効果が期待されていることは間違いありません。
しかし、あくまでも予備的、補助的役割になったりすることが多いため、症状によっては、医療を受けられる必要があるかもしれません。
マッサージは、病院にかかることを後回しにする方法ではないことを覚えておきましょう。